ARAIINE’s blog

全ての価値は人が生み出す。

住むということ

喜寿の好日庵と妄想部屋

日々是好日。この言葉は、武者小路実篤さんの82歳の書画にであってからである。喜寿を来年一月に迎えるが、まだまだ現役のセールスパーソンである。 が、 後期高齢者でもある。 憧れの武者小路さんの生活と現役のセールスパーソンである自分が、分裂症になら…

喜寿の豊かさを全身で味わう101-の目標

武者小路実篤亭のような書斎のある家に住む 若い女性に囲まれたオフイスで仕事をする 散歩が楽しめる公園がある街に住み、四季を楽しむ 食事、睡眠、排便、洗面など健康に関すことを丁寧にたのしむ 芸術と常に触れ合う生活 自分のことは自分で行う。常に清潔…

喜寿の瞑想=手を上げる瞑想

右手をあげる、止める、下す、元にもどす 左手をあげる、止める、下す、元にもどす 三回実況放送をしながら、ゆっくりと行う。 やめます、やめます、やめます。 息をして目を開け、終わり。 深い安心感が訪れる。 瞑想が日常生活に溶け込む。

喜寿の解脱への旅

涅槃。 こころの汚れを取り去り、一切の執着から離れる。 解脱。 命は永遠。 命は死で終わるの二択。 45分かけて食事をとる「食べる瞑想」は、解脱への道。 食事を揃えます 食事を観察します 食事に感謝の祈りを捧げます 実況放送をしながら食事をいただく …

喜寿で仏道を究める

仏道は命を考える道。生きる根本を考えること。真理を知ることが瞑想の目的である。 物体は機能し、この機能がこころを生み、心が幻想を作る。 こころの幻想に気づくことが、気づきの瞑想ヴィパッサーナ瞑想である。 レッスン1:考えない訓練 ものをつかみ…

喜寿の読書

本のたな卸しをしてみた。 上京してから、何度引越ししただろう? 私のそばを離れない二冊の本がある。 プロレタリア的人間の論理(黒田寛一著)と経営のコツここなりと気づいた価値は百万両(松下幸之助著)である。 プロレタリア的は十代後半、経営のコツ…

喜寿の幸福感

ホーム入居の方が幸せに見えない。 幸福を感じるには三つの要素が要ります。 健康 人間関係 自己決定度 ホーム入居者には、自己決定度がかけている。 幸福度の高いデンマークでは、新規のホーム建設は不可とのこと。 確かに、人間は自分で決定し、誰かと協力…

喜寿から学ぶ仁義礼智信。

依存症ビジネスといわれるビジネスモデルが跋扈している。 メール、フェイスブック、ネットフリックス、、、、。 依存症は、行動嗜癖(ネガティブな結果を招くにも関わらず、報酬刺激をもたらす非薬物関連行動へ脅迫的に従事している状態)を生み出す。 「誰…

喜寿の食べる瞑想

喜寿を始める住まいに名前を付ける。 喜寿庵あるいは好日庵。 托鉢。 与えられたものだけで命をつなぐ。 「いただきます」は、食事の前の「形の言葉」。 「形の言葉」は、こころとからだを整える。 食事を整え、両手を合わせ「いただきます」。 噛んでいる。…

喜寿からの遊び

中学生のころだったと思う。 秋の日に、柿の木と柿の葉と柿の実を書いた。 今も鮮烈な記憶として残っている。 喜寿の手習いで水墨画の自画像を画こう。 今年の年賀状は、これに決めた。 道具も環境も時間の全て今、与えられている。 作ろうと考えてこうなっ…

喜寿の引越し

住み慣れた街に戻る。 ふるさとは四国だが、多摩川沿いの街に20数年住んでいた。 プチユーターン。 都心の街が嫌いになったわけではない。 出来れば番町に住みたい。 が、 先立つものが、、、、。 武者小路実篤亭が理想の住まいと考えていたが この理想に近…

三年前のノートを読み直す。

20180102 正月マックにて 三年間のノートを読み直す。進歩しているようでもあるが、なにも変わっていないようでもある。一番大きな変化は、AFからPBに移籍したこと。損保の資格試験、変悪の資格試験。そしてPBがイメージしていた会社よりもずっと貧弱な会社…

阿頼耶識から慈悲の瞑想にスイッチする。

20190928 九月は都議選と豊洲問題で明け暮れた。わたしは阿頼耶識から慈悲の瞑想にスイッチした。今まで、四方八方手当たり次第に食い散らかし、道徳を守らないことが成功の証と考え、常に興奮状態にいることが生きていることと実感し、生きがいであった。今…

父の財産を引き継ごう

細野 霊園ごくらく 新居浜萩生の旅 20170621 家を出たのは12時過ぎだった。岩本町から少し歩き上野についたのが2時前。それから京成にのり、成田に向かう。成田からジェットスターに乗り、松山へ。 飛行機は満席で、しかも横六列で狭い。窓際の席で外の風景…

喜寿で考える終の棲家

住宅街地価ランキング 五番町12-6 赤坂1-1424 三番町6-25 一番町16-3 九段北2-6-26 南青山4-342 平河町2-2-23 藤見町2-21-1 神宮前4-14-6 赤坂6-1911 元麻布2-138-1 六本木5-367-1 南青山4-190 南青山2-26-3 六番町46 松濤1-26-37 赤坂8-130 紀尾井町3-2…

喜寿の理想の住まいは墨絵を書く環境整備から生まれる

ゆっくりと時間をかけて、墨をする。 墨絵の構想が沸くまで、墨をすり続ける。 墨のにおいと、香のかおりがハーモニーするころエネルギーとなった墨絵の構想が手に宿る。一気に書く。この集中力が墨絵の魅力。 座卓と墨とすずり。使い慣れた筆。 そこにある…

家族が壊れていく

般若心経を一日300巻読誦を始めて一年がたった。 仕事も順調とは言えず、次男は深いやみに沈んでゆく。 長女も相変わらず声がでることなく二年が過ぎようとしている。 人間にとって衣食住は大切。まずこれを確保することはこの上もなく大切。 手本のない時代…

喜寿から始まる理想の住まい

起きて半畳。寝て一畳。 今は、ミニマリストと言われている。 鴨長明、一休禅師、、、。 ミニマリストとは、 必要最小限のものだけでくらす生活。最小限のという意味のミニマルから 派生した造語。 武者小路実篤亭(千川駅下車)が理想の住まいのイメージ。 …

喜寿を盛大に祝うための計画

書斎があり、12畳の居室。 私が妄想していた通りの住まい。 家族が集い、 親せきが集い、 食べ物に困ったひとが集う。 瞑想の場所であり、祈りの場であり、憩いの場である。 火鉢にかけた薬缶の湯気のにおい。 かすかな香の香り。 深まる瞑想は、静寂な空…