ARAIINE’s blog

全ての価値は人が生み出す。

目標達成18 年を重ねると汗と精液が出なくなる

身体から出すもの

大便
小便
精液



言葉
生きるために欠かせない。
年を重ねていくと、体から出るものが少なくなる。特に汗と精液が出なくなる。

汗と精液は若さの象徴。

汗を出すことと精液を出すことには共通点がある。
若さという共通点である。
汗をだして精液を出せば、若さが維持できる。

汗と精液以外は勝手に出る。が、汗と精液を出すには努力を必要とする。

汗を出すには運動。入浴も汗出しには効果がある。
汗はデトックス効果があり、汗を出した後は爽快である。


精液は睾丸で作られている。精子は精液の1~5%で残りは50種類の精しょうと言われる物質である。精液を射精することで人に幸福感を与える成分(コルチゾン、エストロン、オキシトシンセロトニン)が放出される。射精の快感は、これらの幸福感に支えられている。

汗を出し、セックス=射精をすることは人生を快適に過ごすために神様が生き物にあたえたギフトであろう。

だが、神様は意地悪もする。
身体の臓器は鍛え、取り換えることもできる。が、脳だけは取り換えの効かない臓器である。
脳の働きを老いさせないために、今できることは汗を出し、セックス=射精をする努力をすることだ。

生きるための努力は、この二つだけ。
この二つの努力で、最高の人生を味わい尽くそう。