ARAIINE’s blog

全ての価値は人が生み出す。

男性ホルモンで世直しだ6 米油を使った手作りマヨネーズ

マヨネーズを使わない家庭はどのくらいあるのだろうか?
簡単に美味しい調味として、愛用されている。

マヨネーズがほとんど油で作られていること、しかも、体に良くないとされる飽和脂肪酸がてんこ盛りにされている。

キューピーマヨネーズは、酢と卵が30%、植物油70%が原料である。植物油についての明細は見当たらない。植物油には二種類ありトランス脂肪酸を含んだ油と圧搾法で絞り出された油である。キューピーマヨネーズがどちらの油を使っているのかは不明であるが、どちらにしろ大量に摂取することは健康障害を引き起こす。

加工食品は、消費者の嗜好に合わせるため、しかも価格競争に勝ち抜くために健康障害を引き起こす物質が混入されているケースが多い。自分の健康を守り、自分の経済を守るために食べたいものは自分で作ることだ。

自家製マヨネーズの材料
卵、酢、こめ油+塩
自家製マヨネーズの作り方
卵と酢と塩を器に入れて攪拌。攪拌しながら米油を少しずつ入れながら攪拌。とろみが出れば出来上がり。

美味しいマヨネーズは、ほとんどが油です。食べ過ぎには注意してください。

道場六三郎さんがユーチューブ鉄人の台所で、大根おろしとマヨネーズの料理を紹介している。マヨネーズの油の害を大根で緩和しようとする試みでしょう。
サンマにおろし大根は、庶民のごちそうの定番。

大根おろしに自家製マヨネーズの食事に合うスープは、玉ねぎスープである。玉ねぎの効能は血流を良くする成分が含まれ、美味しいマヨネーズの油を効率的に摂取する助けになり、しかも簡単に作れて経済にやさしい。

玉ねぎスープの作り方
玉ねぎをスライスして、オリーブオイルで焦がさないように炒める。玉ねぎが飴色になったら、水を加えて強火で煮る。沸騰したら弱火にして、コンソメを加えて塩コショウで味付け。ニンニクを入れるとなお美味しい。