ARAIINE’s blog

全ての価値は人が生み出す。

男性ホルモンで世直しだ15 人は何故投資するのか?

有名人でもある武田鉄矢さんが宣伝塔になって「投資の達人 投資講座」が人気を呼んでいる。ニーサやイデコが政府が考えている以上に伸びていないなかで、こういった学校で学ぶことが出来るのは、幸せなことである。

株を買うにしても投資信託を買うにしても債券を買うにしてもインターネットでの購入になるのでコンピューターが使えないと購入が不可能。銀行などでの購入の金融商品は損をする場合が多いとの噂もある。

また、これら金融商品を理解することはたくさんの知識が必要であり、興味はあっても踏み出せないのが現状のようである。

特に日本人は欧米に比べて金融リテラシーが低いと言われてる。
が、世界はお金を媒介としての流れになっているというのが実情であり、30年続いたデフレからインフレへの道が作られつつある。
インフレは1800兆から2000兆になろうとしている日本国民の金融資産を一気に減らす危険を内包している。

投資は自分の利益を考えて、利益を出すことは難しい。投資を受けた方が利益が出て初めて投資者に利益が帰るという循環になる。
が、株式や投資信託や債券に投資する前にやるべきことがある。
この30年で失った自尊心を取り戻すこと。
自尊心を取り戻した時、我々が今、何を行わなければならないかがはっきりと見える。

我々が失った自尊心を取り戻すために今、我々に出来ることは
・朝勃ちをする肉体を取り戻す
・汗が出る肉体を取り戻す
この二つを取り戻すことができれば、どんな障害が立ちはだかろうとも乗り越えることが出来る。

お金に対する価値観という大きな波が日本を、いや世界を覆い尽くそうとしている。
この大きな障害に立ち向わなければならない。
誰かに踊らされてではなく、自らの考えで自らの本能で立ち向かわなければならない。

戦後77年。奴隷化政策という大きな障害に立ち向かうチャンスが与えられた。この障害物を乗り越え、失った自尊心と朝勃ちと汗の出る肉体を取り戻す。

 

人気が高い投資信託
・SB1-SB1-V-S&P500インデックスファンド
三菱UFJ国際ーeMaxis slim米国株式(S&D500)
・            全世界株式(オールカントリー)
・SBI-SBI・v・全米株式インデックスファンド
・SBI-V 全世界株式インデックスファンド
これらのファンドの一年後の運用益を見てみましょう。
全米か全世界か。はたまた日本株か中国株か?
今後の経済の伸びしろはどこにあるのか?
誰を助けたいと心が望むのか?