ARAIINE’s blog

全ての価値は人が生み出す。

男性ホルモンで世直しだ21 朝勃ちはどこから来るのだろう

朝勃ちの管理
人間には五感以外に六感、七感、八感が備わっている。
五感は、視覚・聴覚・味覚・臭覚・触覚。
六感は、予知能力。
七感は、予見能力。
八感は、具現化能力。
これらの感覚が生まれながらに与えられている。
この感覚が覚醒すれば、自己成就が果たされる。
大事なことは、第八感の具現化能力が覚醒されることで、このための必要は「希望」である。「希望」は無意識のうちにこれを具現化する。その能力が我々一人ひとりに与えられている。この与えられた能力が現象として確認できるのが朝勃ちという現象である。これが朝勃ちは健康のバロメーターと言われる所以である。
この朝勃ちを維持しする行為は食事、環境、IKIGAIである。

食事
ニンニク、ニラ、ネギ、玉ねぎ、らっきょを食せ。
マグロ、カツオ、キャベツ、カリフラワー、クレソン、カイワレ大根を常備食として整えて体が求めるとき食せ。

環境
風呂で汗を出せ。汗が出れば朝勃ちが起きる。
床に着いたら今日の小さな幸せを三つ書き出せ。そうすれば安眠が与えられる。
朝昼晩、自分が誇りに思うことを思い出せ。そしてにやにやしろ。そうすれば望む人生が与えられる。

IKIGAI
朝勃ちと勝者のポーズが
MDRTの栄誉を受け、金融資産5000万円の資産家の夢を実現する。