あら!いいね。

全ての価値は人が生み出す。

仏教と社会の衰退と文化の日の思うこと。

文化の日
1948年制定された日本国憲法公布から七十七年経過し、自由と平和を愛し、文化を進めることを旨として国民の祝日になった。

世界は今、大きな岐路に立たされている。
2000兆円と言われる国民の資産が奪われ始め、ロシアウクライナ戦争、イスラエルのガザ侵攻と矢継ぎ早に人々の血が流されている。

第二次世界大戦後、日本や豊かになった。
2000兆円という莫大な資産を国民がもつまでに経済成長を果たした。

が、経済成長の裏で失ったものがある。
仏教の衰退と社会の衰退である。

覆水盆に返らずという諺があるが、一度失ったものを取り戻すことはできない。仏教の衰退により、拝金が人生の目的になり、拝金により心を失った社会は衰退に向かっている。

押し付けられた日本国憲法は見直しが必要であり、長生きする不幸は医療関係者に利益をもたらし、格差社会という化け物を作り上げてしまった。