あら!いいね。

全ての価値は人が生み出す。

2024-01-01から1年間の記事一覧

29歳の青年が立ち上がる。

根本良輔15区立候補 29歳の青年が年金問題解決に立ち上がる。 日本の政治が変わる!

春分の日。

春分は二十四節気の中で一年の始まりの季節です。春季皇靈祭に名前の由来があります。春季皇霊祭とは宮中の皇霊殿で天皇が歴代の天皇皇后などの靈をお祭りする祭儀のことです。 一般的には「自然をたたえ、生物をいつくしむ祝日」です。春分の日は、昼と夜の…

私は何をするためにこの世に生まれれ来たのか?

私がこの世に生を受けたのは何のためか? 天地が生きているから、人間もみな生きていられるのである。 お釈迦様は「人身受け難し、今すでに受く」と説法されている。人間として生まれることは難しいことだ。人間として生まれてきてよかった。人間として生ま…

格好よく生きる。

格好と恰好の違い 格好は状態や有様のこと。 恰好はふさわしい。 同じような意味であるが、格好(恰好)悪い人が多すぎる。昭和の時代は、お金のことを言うのは格好(恰好)悪いと言われていた。令和の時代はどうだろう。 令月という言葉があり、何事をするにも…

立春。フキノトウを食して春の訪れを感じる。

今日は、立春。 天気は雨のち晴れ。 昨日は節分。豆まきを行い、恵方巻を食べた。 正座、梅干し、白湯をいただき、腰骨を伸ばした生活が始まる。 立春の今日は、フキノトウを食べよう。にがみがあるフキノトウは立春に食べる縁起物。 現代社会は頭を使う生活…

忘備録(我々が戦後失った大切なもの)

2020年。アメリカ大統領選はトランプが破れ、バイデンが大統領になってから世界の基軸が狂った。 パンデミックロシア対ウクライナ戦争ハマス体イスラエル戦争 国内ではガージー逮捕木原事件参政党と武田邦彦さんの争いNHK党の代表権争い性加害と文春 起きて…

資産運用EXPOに行く

東京ビッグサイトで1月18日資産運用EXPOが行われた。 第七回資産運用エキスポ東京ビッグサイト 久しぶりの東京ビッグサイト。 久しぶりのビッグサイト。展示会は気持ちが高揚する。 特に目新しい出店は見当たらなかった。 ダーウインアセットパートナー株式…

本物よりも本物らしい偽物。

シオニズムと日本共産党 本物よりも本物らしい そして芸能界の闇と日本企業の不正。 シオニストとはユダヤ人でない人々がユダヤ教に改宗し、ユダヤ人の故郷に帰還を目指す運動に乗っかった偽ユダヤ人のこと。 日本共産党とはプロレタリア革命達成をスローガ…

いちご白書をもう一度。

いちごを食べた。 今年初めていちごを食べた。 人間の体は食べ物でできているといわれる。みずみずしい取り立てのいちごは少し酸っぱくて、甘い。 記憶が一気に青春時代にもどる。 泳げたいやきくんで焦燥感を煽られシクラメンのかおりで切なさを覚え昭和枯…

国益とは何か?

誰かの益は、誰かの損。 国益を守ることを保守という。 アメリカの国益・自国の企業が利益を拡大すること・政治、経済、軍事、文化などすべてにおいてアメリカ式価値観を世界に広めること 日本の国益・主権と独立。国民の生命、身体、財産の安全の確保・経済…

マルクス主義という宗教

PBR純資産倍率努力目標の企業5233太平洋セメント8253クレセゾン8242HEOリティ4182三菱ガス化学6395タダノ プライム上場企業の16%以上がPBR1.0割れの様子。原因は何か? 日本経済は、近代経済学とマルクス主義経済学のごった煮で成長してきた。ソビエト崩壊…

100年ごとに訪れるチャンス。

斎藤幸平。東大教養学部准教授。マルクス主義の哲学、経済、社会、思想史の研究者でエコソーシャリズムの提唱者。 エコソーシャリズムは、環境問題に対するマルクス主義的な解決策を提唱しています。 100年前。日本は昭和恐慌に襲われデフレ不況に陥いり…

資本主義を使いこなす。

お金の流れを変える。 新NISAが始まった。ネット界隈は賑やかだ。 あれを買え、これを買うと失敗する、新NISAは政府が国民に仕掛けた罠だ、、、、。どれも正しく、そしてどれも間違っている。 なぜならば、証券会社に口座を開き、証券会社が推奨する銘柄を買…

r>g。果たして正しいのか?

お金持ちは、お金を持っているだけの理由だけで、ますますお金持ちになる。(ピケティ) 働くな。働けばより貧しくなる。 資本とは、不動産、土地、株、債券、預金であり人的資本は含まない。 預金は株と債券に投資。利益は土地、不動産に再投資。 働けば格差…

百年後も健在な会社を探せ!

日経平均35067.31円。 このまま、株価の上昇は続くか? https://www.youtube.com/watch?v=59Sx2FszxuM渡部清二 資産所得倍増プラン元年(インフラと新NISAが起爆剤) 日経平均が三万円を切った時、買いのチャンス。これはいつ来るか?一月後半、大きなヤマ場を…

バブル以来の高値。株価の高騰は何を意味するのか?

日本の復活ののろしが上った。 ガーシーの三回目公判と時を同じくして、32年9か月振りに日経平均30808・35円の株価高値を付けた。 株価を押し上げた原因は、パフェットをはじめとする海外投資家の日本買いの影響なので、もろ手を挙げて喜べない。 しかも、政…