ARAIINE’s blog

全ての価値は人が生み出す。

喜寿から卒寿へ。 卒寿から米寿の楽しみ。

あっという間の三年であった。

息子の死、

母親の死。

そして長男のビジネスへの税務調査。

良いこともあった。

上の孫の結婚と下の孫の大学入学。


そして何よりの成果は、卒寿を迎えて、新しいビジネスに挑戦する気力が湧いてきたことである。

喜寿から卒寿の三年間、衣食住游知をテーマにしてきた。

このテーマは生活の基本なので大切であるが、卒寿から米寿にかけて健康、長寿、仕事、アートそして死をテーマに変える。

卒寿から米寿は八年の時間が与えられている。


「よかった。ありがとう」の呼吸法で「喜びのない毎日」から「人に与えられた特権」祈りの実践で創造神と共に歩む。自分の願いや想いではなく、創造神の願いを中心に安心の道を八年間歩む。