ARAIINE’s blog

全ての価値は人が生み出す。

男性ホルモンで世直しだ9 あぶく銭

あぶく銭の時代に突入してしまった。
今だけ金だけ自分だけの波にのることが時代の風潮である。

FRB日本銀行も株式会社である。
株式会社は最大利益を稼ぎ出すことを使命とする組織である。

この社会が破綻するまでは、この社会の中で生きていかなければならない。
お金そのものがイリュージョンであり、イリュージョンがお金を生み出す循環で社会は構成されている。

仮想通貨1ビット=一ドルが今や400ドルに化けている。
アメリカでは空箱上場が400社ある。なにも価値を生み出さず、絵にかいた餅で多額の資金を集め上場している。ウオール街の金融人がこれを仕込んでいる。

価値の生産はあぶく銭の生産に変貌し、このあぶく銭は絵にかいた餅がその原資である。最近では武田鉄矢までがこの先方を担っている。

世界が投資で覆われ、猫も杓子も投資に向かっている。
この流れは、世界の潮流である。

ローマも江戸幕府も幕を閉じた。
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。世の中は有為転変するものである。
社会は終わりの時まで続く。しかも、社会の終わりは必ず訪れる。

この社会の終わりを嘆きながら人生を終わるか、あるいは終わる予感を持ちながらこの社会の流れに乗るかの二者択一を迫られている。

投資は絵にかいた餅である。絵にかいた餅を信じるか信じないかはあなた次第。自己責任で。これが現実の社会である。どれだけ豪華な餅の絵が描けるか。

考えてもみよう。
そもそも経済はイリュージョンであり想像力で出来上がったものである。
投資社会のイリュージョンは絵にかいた餅を描き続けた人間が勝者となり、そして何時か必ずこの世界は滅ぶ。手をこまねいて時代の終わりを待つか、絵にかいた餅を描き続けるか。絵にかいた餅を描き続けることの方がおもしろそうである。

人には本能がある。アニマルスピリッツという本能である。
アニマルスピリッツは、朝立ちから生まれる。
朝立ちがあり、絵にかいた餅を描ければ人生大きな喜びに満たせる