ARAIINE’s blog

全ての価値は人が生み出す。

未完の人生で終わるのか

まもなくオリックスから借りたお金が底をつく。収入のメドがいまだつかない。そして家族の関係が壊れていく。

絶望のオンパレードだ。

どこに希望を見いだせばいいのだろう。

 

すべてをゆるし、すべてを受け入れなさいと人は説く。ここまで追い込まれたのはお金がないためではなさそうだ。国領に引っ越してから生活費はわたしてきた。

が、

家族の関係が良かったわけではなく、事あるたびに食事をつくらなくなったり、掃除をしなくなったり、口を利かなくなったり。

神田にいたときも、その状態の連続であった。神田では生活費には困っていなかったと思うが?

なにが原因かわたしにはわからない。

が、

神田に引っ越してから何かが大きく変わった。「主」という存在がはっきりしなくなったこと。調布での生活は、わたしの収入が家族を支えるすべてであった。だが、神田に移ってからそれがずれた。わたしの意識も家族を守る「主」であるという意識が薄れてきた。結局今も、その状態が続いている。

おもいの丈を書き出し、この苦難を乗り越えなければと思う。人の欠点を改めさせることはできないが、自分の欠点は改めることができるという。

 

自分の人生をまっとうするには「仕事」しかない。男はむかしからそうやって家族をささえてきた。

と、

考えているが果たして、そうだろうか???

 

どちらにしろ、収入がなければ生活がなりたたない。

収入がないということは「死」を意味する。収入が得られないということは、生きる価値がないということ。生きる価値がなければ「死」を選ぶ以外に自分の人生を正当化する方法はない。自分に生きる価値があれば、収入は天が与えてくれると考えていいのだろうか。

あたしのt価値の棚卸をして、その商品に価値がないとすると、わたしは「死」を選択する以外の方法はない。

マタイ13:47~53 一家の主人のたとえ より

 

私の価値の棚卸

  1. 35年の会社経営の実績
  2. 子供を四人育てあげた
  3. 70歳でまだ働けること
  4. わたしは支えを必要としている。が、人を支えることの大切さを知った。
  5. あまり価値はなさそうだが、、、。

20131212記